スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定戦における出撃ポイントについて考える。

さて、今回は出撃に関する考察です。
相変わらず、文字ばかりでスミマセン。


まず、真魔王杯における出撃時の討伐報酬は以下の通り。

勝利
 総合Pが一定割合以下   +3
 僅差で総合Pが下      +4
 総合Pが同等か僅差で上  +5
 総合Pが一定割合以上  +6 ~ +15
 魔王に勝利           +10

敗北・引き分け         +1

※魔王戦後は、次回討伐報酬が1.5倍。


出撃で稼ぐには主に以下の4要素が必要です。

要素A.回数
要素B.勝率
要素C.回転率
要素D.報酬


要素A.回数が多いほうが有利

出撃によって総合Pが下がることはないため、
回数が増えれば必然的に総合Pは増加します。
出撃回数は出撃・迎撃の各要素の中で最も重要な要素です。

結局のところ、決定戦は出撃を多く繰り返すことができれば
いくらでも上位に顔を出すことができる仕様なのですが
金銭的・時間的・肉体的な負担が大きいため
「いかにこの負担を最小限に留めるか」が
決定戦をうまく切り抜けるうえで重要となります。

10回出撃を行うにしても、戦う相手や時間帯によって
総合Pは大きく変動しますが、この効率性については
後述の要素にて説明します。
※時間帯に関しては迎撃の考察にて説明。


要素B.勝率が高いほうが効率的

Pを多く得るため、可能な限り勝利したほうが有利です。
特に魔王戦は確実に勝利したいですね。

勝率を上げるためには、弱い相手を選択し続けることが
最も効果的ですが、マッチングの全国枠から
そういった相手を毎回呼び出すのは至難の業でしょう。
そのため、必然的に店舗登録枠の中から
「カモ」を見つけることになります。

参加者が少ない店舗に登録する場合、
「サブ鍵の投入」という手法が広く知られています。
別の鍵を作成し、あえて弱い編成で店舗登録し
それを主となるIDで狩り続けるという手法です。
サブ鍵をスライム3匹などで登録しておくと、まず負けません。
また、サブ鍵のオレカネームを本鍵と同じにしておけば
同一オレカネームによるチケットの流用が可能となるため
今大会のようにプライベートチケットが配布されない
大会においても、より多くの厳選が可能となります。

では上記のようなサブ鍵の投入が必須かというと
案外そうでもなくて、私のように
それなりの登録者が見込めるショッピングセンターに
登録するのであれば、勝率目的でサブ鍵を入れる
メリットは薄いです。
今回は魔王がそれなりに強く、それを確実に
討伐できる編成であれば、店舗登録しているキッズ相手に
負けることはありませんでしたし。(たまに負けましたが)

余談ですが、サブ鍵で本鍵に負けまくって
迎撃報酬でポイントを稼ぐ、といった
逆説的な手法もありますが、迎撃ポイントの連携が
通信状況等でうまくいかないことがあるなど
「思った程、効果的には回らない」と聞いたことがあります。
確実に本鍵が店舗登録枠で出現する必要があるため
店舗登録者が自分だけの場合にのみ
可能な戦法かもしれませんね。


要素C.回転率をあげて、時間と体力の節約

各人、ゲームに費やせる時間には制限があります。
決められた時間内でどれだけ稼げるかを追求することは
単に総合Pの積み上げを効率的に行うためだけではなく、
時間と体力を節約する上でも重要となります。

同じ20クレを回すのに、1時間しかかからない場合と
2時間もかかる場合の時間消費や疲労蓄積を
勘案してプレイしましょう、ということ。

具体的には、店舗登録枠で「カモ」にしている相手を
1~2ターンで確実に討伐できる編成が望ましいです。
コインを入れてから、次のコインを入れるまでの間隔を
5分以内、可能であれば4分以内にキープできれば
上位入賞が見えてきます。


要素D.討伐報酬の効率性について

弱い相手を確実に討伐して3ポイントを積み上げるか
強い相手にチャレンジして大きなポイントを狙っていくかは
それぞれ、思うところがあるでしょう。
個人的には前者を推しますが。
ただし、魔王戦は確実に取っていくことが大前提です。


※ BOTタイムについて

全国枠の抽出が何らかの理由により機能しなかった場合、
予めセットされたBOT(主催者側が用意したダミープレイヤー)
がマッチングテーブルに現れます。(BOTタイム)
主に深夜のサーバメンテナンスやアップデート前後に
発生することが多く、10分~5時間と
発生持続時間にはバラツキがあります。

BOTの総合Pはプレイヤーの ±5 程度であり
全国や店舗のランキングで独走状態にあり
「誰を倒しても+3しかもらえない」状況下では
ポイント的にかなり美味しい相手となります。
(勝利報酬は、格下 4P ・格上 5P )

BOTの編成は固定ですが、コマンドは毎回違っており
場合によってはかなりガチなコマンドで
登場することもあるため、気を抜いた編成では危険です。
また、BOTタイムは通信状況が悪いことが多く
鍵の読み込みやサーバへの接続にイライラしたり
回転率が伸びず、総合Pが思った程
増えないといった弊害もあります。


以上の要素をふまえた上で
私が真魔王杯でとった対策は以下の通り。
要素A~Dは出撃、要素1~6は迎撃です。

初日、0時スタートで出撃を繰り返し
総合Pと$を荒稼ぎします。(要素1&4&A)
2日目以降の休日、日中は
2時間置きの迎撃回収だけ行い(要素5&6)
プレイ人口が減る19時以降、特に22時以降の深夜に
出撃を集中させます。(要素3&A)
迎撃設定は「弱そうだけど、実は強い」を
コンセプトに。(要素2&B&C)
「カモ」は店舗登録のキッズ10人。(要素B&D)
平日はお昼休みと仕事帰りの迎撃回収、
翌日の仕事に影響しない程度の出撃です。(要素A)


出撃と迎撃は独立したものではなく、
密接に関連しあっています。
それぞれの最大化と効率化を狙った戦略を立てて
決定戦を楽しみたいですね。



最後に、前回と今回の考察内容は
あくまでも真魔王チビムウス杯の仕様です。
何かと仕様に不満が多かった大会だったので
次回はかなりの修正が入ると予想しています。

ただ、仕様の完全リニューアルは行われないでしょう。
そんな工数をかける余力もないと思ってますし。
おそらく、既存の各要素について
確率変更や上限設定に調整を加える程度と思っています。

・今大会で不満があった仕様は何か。
・それを改善するにはどの確率、上限を修正してくるか。

次回大会までに、これをいかに読みきって
事前対策を立てられるか。
初日にどこまで検証して、いちはやく仕様を読みきれるか。

決定戦の序盤戦は、単なる総合Pの獲得競争に隠れて
こんな読み合いが裏で行われていたりするので
これから上を目指す方は、こういったところにも注目して
準備を進めていただけたらな、と思います。←偉そう


実はもうひとつだけ、文章にしづらい考察があるのですが
ここ数日、文字が多い更新が続いたせいで
アクセス数が右肩下がりなので
またいつか気が向いたときに、ね。

まずは、ほったらかしになっている
新6章の攻略とかやらないと!オレコマンドもね!
eco100って?

書いている人:PortR

+メインな話題+
日々の自堕落生活
カードゲーム

リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。